2007年05月08日

国家公務員

公務員への就職を希望する場合、一次の筆記試験が専門的で難しいので、民間への就職活動とは異なり、筆記試験に向けた勉強が就職活動の中心になる。自治体や試験区分によっては二次試験でさらに高度な筆記試験を課すところもある。

そのため、早い学生は1,2年次から試験の予備校に入り、試験勉強を始める者もいる。採用先によっても違うが、高校レベルの一般教養に加えて法律や経済学なども含めたものが「教養問題」として出題され、このほかにそれぞれの職種ごとの「専門問題」が出題される。教養試験では、判断推理、数的推理や文章読解などの知能試験も課せられている。地方公共団体によっては、身体障害者の採用枠を設けているところもある。初級(3種)程度の試験を実施する場合が多い。


国家公務員(こっかこうむいん)は、国の行政機関に勤務する者や特定独立行政法人に勤務する者等、国家公務員法が適用される者を指し、勤務に対する反対給付として、報酬、給料、手当などを受けている。

特別職と一般職に分けられ、一般職には国家公務員法が適用される。また、雇用形態として常勤と非常勤にわけられる。

* 一般職 一般府省に勤務する現業非現業の職員・特定独立行政法人の職員など、特別職以外の全ての国家公務員を包含する。
* 特別職 内閣総理大臣・国務大臣・副大臣・大臣政務官・大使・公使や裁判官・裁判所職員・国会職員・防衛省職員など、国家公務員法第二条第三項に掲げられている職員の職である。

なお、人事院には、ある職が国家公務員の職に属するか、一般職・特別職のどちらに属するかを決定する権限がある。


国家公務員の場合、採用試験には主なものとしてI種試験(大卒程度)、II種試験(大卒・短大卒程度)、III種試験(高卒程度)がある。()内の程度とは相当する学力を示すもので、原則として学歴による受験の制限はなく、受験資格は年齢で定まっている。また、かつてはIII試験を受験できる年齢の上限が現在より高かったため、21歳〜24歳の大卒程度の学力を持つとされるものは夏に行われるI種、II種試験と秋に行われるIII種の併願が可能であった。

なお、I種、II種、III種試験は、人事院が一括して実施しているが、採用は各省庁が行っており、合格後、一部の試験区分を除き、希望する官庁への官庁訪問を行ったり、採用面接を受ける必要がある。


人をある公務員の職につける行為を任命(にんめい)といい、その任命する権限を持つ者を任命権者という。国家公務員法第55条により、任命権は「内閣、各大臣、会計検査院長及び人事院総裁並びに宮内庁長官及び各外局の長に属する」とされる。ただし、その庁の部内の上級職員に委任することもできる(同条第2項)。任命権者が2人以上存在することはありえない。

* 内閣総理大臣・最高裁判所長官の任命権者は、形式的に天皇である。
* 最高裁判所・下級裁判所(高等裁判所・地方裁判所・家庭裁判所・簡易裁判所)の裁判官については内閣が任命権者である(日本国憲法第79条第1項、同第80条第1項)。
* 国務大臣については内閣総理大臣が任命権者である(日本国憲法第68条第1項)。


給与や手当、勤務条件の内容は国家公務員法などの法律に定められている。非現業の一般職員は、職務の特殊性から労働基本権を制限され、その代償措置として人事院による給与勧告制度と勤務条件に関する行政措置要求の制度がある。


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用。

【関連する記事】
posted by エンジニア at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員への就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職に役立つサイト

就職に役立つサイトを紹介します。

一番人気は、

 「みんなの就職活動日記」
です。掲示板が充実していて為になります!

 「毎日就職ナビ」
も、人気があり企業情報が充実しています!

 「就職活動リクナビ2008」

も人気がありあのリクルートのサイトだけに、
独自の視点で企業の情報を得ることができます!
また、QAコーナーには、必要な情報が短くまとめられています。

 「日経ナビ2008」

も、情報が充実しています!
企業の目でどのような面接が行われるのかなどは、
必見情報です。日経だけに、企業情報の充実感はかなりあります!
posted by エンジニア at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に役立つサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己PRの作り方とは??

<自己PRの作り方>

 文書のテクニックに入る前に
 まず一番大切なあなたのセールスポイントを考えましょう。
 セールスポイント、いわゆる長所ですね。
 この自己PRには、
 あなたのセールスポイントを1つに絞りましょう!!
 これは大事ですよ、試験にでますよ(笑)


 「長所をあげて下さい」と言われると、
 必ず「責任感」「リーダーシップ」「計画性」などと
 盛りだくさん長所を並べる方がいらっしゃいますが。
 これは絶対に逆効果です。


 「責任感」これを伝えるのにどれだけの文書が必要でしょうか。
 自己PRというのは、履歴書やエントリーシートを見てもらえば
 わかりますが、たいがい500文字程度、
 面接なら2〜3分ぐらいで伝えなければいけません。
 
 以外に短いでしょう。
 この短期間にあれもこれも長所を言っても、
 どれも中途半端にしか伝わりません。
 中途半端という事はあなたの印象は0になるという事です。

 これはセールスでも同じですが、
 選考でもあなたはどれだけその他大勢から抜け出して、
 相手にインパクトを与える事ができるかが勝負です。
 
 だからと言って、
 おもしろい話で面接官を笑わせろという意味ではないですよ。
 あなたが「自分はこれが一番の長所だ」と言うものを、
 1つに絞って書きましょう。



 <長所を見つける5つの方法>

 ・自分で今までの人生を振り返り、紙に書き出してみる
 ・両親、友人など他人に自分の長所はどこかを聞いてみる
 ・以前、誰かから褒められたことを思いだしてみる
 ・以前、誰かから喜ばれたことを思いだしてみる
 ・小さい頃の自分を思い出すため、小さい頃の写真を見てみる。
  

 長所を1つ選んだとしたら、次に大切なのが
 それをどういう言葉で表現するかです。
 私の場合は「全力は感動をうむ」というのが
 私の長所を端的に表した表現でした。


あなたを表現する言葉を一言、一行で表現してください。
 そうです、
 あなたという商品を売り込む「キャッチコピー」です。
 実はこのキャッチコピーを考える力というのは、
 社会人になってからもとっても大切な能力です。
 何かを販売するときにはこのキャッチコピーしだいで売り上げが
 天と地との差がでます。これは採用選考においても同じです。


 1日、2日で考えれるものでもないので、
 じっくりと考えて徐々にあなたらしさが
 伝わるキャッチコピーを洗練させていきましょう。


 ちなみにマーケティングの教科書で、
 必ず例としてでてくる「世界最高」の
 キャッチコピーをご紹介しましょう。
  
 「できたての温かいピザを、
  必ず30分以内にあなたの玄関にお届けします」
               (ドミノピザ)


 ここからはテクニックですが、
 伝わる文書を書く5つの秘訣をご紹介。
 これまた大事なノウハウですよ。

 1.ズバリ結論を言え。ズバリ長所を書け!

   あなたの一番伝えたい「私はこういう人間だ!」
   という長所をまず一行目に書きましょう。


 2.かぎ括弧「」を入れて、情景をイメージさせる!

   「ばかやろう」、「反対ですよ」などの情景が
   目に浮かぶような、口頭文句を入れると真実味が出て、
   読み手を引き込む事ができます。


 3.数字を入れる!

   「主語と述語と数字で語れ」
   これは、私が営業の時、常に意識していました。
   説得力と言うのは、具体性であり、
   その具体性を表現するには数字しかありません。
   多くのベストセラー作家
   (例えば中谷彰宏さん)は本の題名に数字を入れます。
    
   「90日で○○する方法」、「○○がつく77の法則」とか。
   客観的な指標を表すので「すごく」や「とっても」などの
   抽象的な言葉でなく、必ず数字で表現しましょう。
  

 4.文章展開は、1行目に「長所」その後は、
   全て経験からくる具体例を書く!

   あなたが強調する長所は1つ。
   そしてそれからの展開は全てその長所を納得させる具体例を
   書きましょう。具体例はできるだけ最近
   (できれば大学時代)の話題を取り上げます。


 5.部活動・サークルなどのアピールはその活動の本質を書く!

   私の水泳であれば、
   水泳の練習はしんどくなってからが勝負、そこからどれだけ
   自分を限界まで追い込めるかで練習の質が決まる。
   という表現に表せられるように、
   その道のプロでなければわからないような
   その活動の本質を書き、
   それを修得してきたという流れにします。


長所のない人間は存在しないのです!!もし存在するとしたらそれこそ長所ですよ。

あなたの素晴しい長所をあなたが認めてあげてください。そうすれば自己PRは完成しますよ。皆さんもチャレンジしてみて下さい!!!
posted by エンジニア at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己PRの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

就職活動とは??

就職活動(しゅうしょくかつどう)とは、学生やフリーター、失業者など職に就いていない若しくは非常勤の人が、新たに定職に就くための活動の総称。略して就活(しゅうかつ)とも呼ばれる。以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

☆概要

就職活動は、大きく分けて、新卒時と既卒時とにわかれる。区分は以下のとおり。

* 新卒時

中学校〜大学院の卒業・修了見込者が行う就職活動

* 既卒時

学校を卒業後、求職している者が行う就職活動。職歴のある転職希望者が対象の中途採用も含む。また、特に卒業後3年以内の人(すでに就職している人や、新卒で就職したがすぐ退職した人など)を、第二新卒と言う場合もある。

雇用形態として、かつて(戦後〜1980年代まで)ほどではないものの、新卒で入った勤め先に定年まで勤める「終身雇用制」が根強く、転職の際にも職歴が重視されるため、新卒での就職活動および最初の勤め先は、その後の人生に影響することとなる。

多くの場合、就職するためには筆記、面接などからなる採用試験に合格する必要がある。そのため、受験対策や面接対策などのノウハウも生まれ、受験技術は高度化している。そのような流れを受け、小手先の受験技術ではなく、コンピテンシーモデルなどにより人物評価を行おうという動きも盛んになってきている。

就職試験を受ける側としては試験の公平性を期待したいところであるが、採用側の事情により、縁故採用や学歴差別、あるいは社内の学閥(大学名差別)が考慮される場合もある。

なお、弁護士やプロスポーツ選手など、その職に就くのに特別な手段や特殊な資格・能力が求められる専門職がある。それらの専門職については、各職業の記事を参照の事。

☆就職活動の時期

1990年代頃までは、ほとんどの企業が同じ時期に集中して採用活動を行っていた。1990年代半ば以降は、通年採用を行う企業が増え、その結果として、就職活動は長期化する傾向にある。

1973年〜1996年までは、企業と学校(主に大学・短大)の間に、学業の妨げにならないよう一定の時期まで企業から卒業見込み者に対するアプローチは行わないという就職協定が存在した。同協定は、青田買いなどの問題は指摘されていたものの、一定の効果をあげていた。

企業側の要請で同協定が廃止された後は、就職活動開始時期は早期化の傾向にある。大学生では3年次には活動を始めている事が一般的になっている。



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用。

posted by エンジニア at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職とは?? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。